元金均等返済のメリット・デメリット

住宅ローンを長年にわたって支払っていくとなると、将来的にいろいろと計算していかなければなりません。子どもが育って独立していくまでのこと、その際には家から出ていくのか、就職できなかったら、などなど、色んな可能性を考えておく必要があります。
住宅ローンには、元金均等返済という返済方法があります。これは、毎月の返済額が時間の経過とともに減っていくというシステムです。メリットには、退職金が見込めない場合、年を取って60歳を過ぎても支払いやすくなることがあげられます。

 

その代わり、デメリットは若い時に頑張って多くのお金を支払わなくてはならないことです。まだ管理職についていないなら少し厳しい月も出てくるかもしれません。この額は設定ミスをするとそれだけ赤字につながるので要注意です。
しかし、どんなシステムにしたとしても、一生それを変更できないというわけではありません。生活が変われば変更すればいいのですから、ここは頭の隅に入れておきましょう。