近い将来住宅ローンを利用しようと思っている

近い将来、頭金が概ね確保したら住宅ローンを使って、マイホームを持ちたいと考えているサラリーマンです。

 

ところで、住宅ローンの場合は長期に渡って借り入れするので、0・1%の変動が返済金の総額や月々の返済金に物凄く影響すると聞いております。 そして此の住宅ローンというのは景気にも充分左右されるし変動もするとされております。

 

 

最近の景気の状況は素人目から見ても、良くも悪くもなく中間的な位置にあるとも言われていますが、金融の金利そのものは最低水準で底堅いとも言われているようです。
そこで此れは一寸、時期はわかりませんが近い将来、景気回復すれば住宅金利、特に変動金利が上がることにも繋がるでしょう。

 

そして、住宅ローンというのは経済動向に合わせた変動金利と、現在の金利を将来にわたって維持される固定金利というのがあるらしいのですが、近い将来、景気が上向くか或いは停滞するにしても固定金利が有利なような気がするのですが、専門家の意見としては如何なのでしょうか・・?。

 

今後の住宅ローンの動向を見極めながら、その必要性と金利の種類や金融機関等を慎重に検討してみたいと思っているところです。